真言宗 智山派   大田山 大願院 豊楽寺

 
豊楽寺(ぶらくじ) その歴史

 北は伊予へ、東は阿波へ、南すれば土佐へと四国の中央部。
徒歩で往来した古来の交通の要衝に豊楽寺がある。豊楽寺は
古来より「柴折薬師」と呼ばれ、愛知県の鳳来寺「峰薬師」、福
島県常福寺「獄薬師」と共に、日本三薬師と称される。

 神亀元年(724)の開創、行基が四国中央の大豊に来た際、
如来有感の霊場とその身に感じ、自ら薬師、釈迦像を刻み一寺
を建立した。聖武天皇はこれを大いに喜ばれ、薬師経説の「資
求豊足心身安楽」より大田山大願院豊楽寺の称号を賜った。

 本院は草創の昔より法灯大いに栄え、山腹には大田寺、南大
門、極楽寺、蓮華院等の堂塔伽藍が立ち並び隆盛を極めた。

 以来、幾多の天災や明治の廃仏毀釈を乗り越えて豊楽寺は
その法灯を今に伝えている。

ご案内

当 山 年 中 行 事
☆ 一月一日〜三日

☆ 二月三日

☆ 旧二月十五日

☆ 旧四月八日

☆ 旧七月六日

☆ 旧七月十六日

☆ 大晦日
 新春祈祷会

 節分・星祭大護摩厳修

 涅槃会

 花まつり

 薬師大祭

 千体供養

 除夜の鐘



真言宗 智山派  大田山 大願院 豊楽寺
〒789−0234 高知県長岡郡大豊町寺内314  TEL0887−73−0029  FAX0887−73−1606
Copyright 2013 Burakuji All Rights Reserved.