のホームページの作成者は、月1回の更新を目標としている 
〒7890162 怒田1372(アノジ) 氏原 学です。
メール:nuta-anoji@quolia.ne.jp 【開始:2008年08月24日】

<script type="text/javascript" src="http://www1.quolia.ne.jp/cgi-bin/counter/counter_js.php?user=manabu&hash=1c7dcfa183be746f5cc06774331611b5&dlh=1&long=0&fonts=0&sizes=0&backs=0"></script>
本文へジャンプ
私達の住む『高知県長岡郡大豊町怒田』
2013年06月24日から
ニュース
掲  示 板

四国山地の山懐に抱かれた「怒田(ぬた)」は、私が生まれ育った土地、私を優しく受け入れてくれる土地であります。この怒田を多くの人に知ってもらいたい。そして、好きになってもらいたい。また、怒田に生まれ、今は他の土地に暮らす方々の郷愁の念に応えたい。そんな願いと期待を持って開設しました。

我が家から臨む景色は、対岸の斜面に家々が散在し、遥か遠くには山なみが幾重にも重り、吉野川に落ち込んでいます。東豊永中学校時代にこの眺望を前に『山のあなたの空遠く「幸」住むと人のいふ・・・を幾度となく暗唱したことも懐かしい思い出です。山のあなたに幸せを求めて40年、また、新たな幸せを求めて怒田に帰ってきました。かの地にはなかった幸せが、怒田にはあると思っています。

 

昭和35年当時は、老若男女であふれていました。当時の怒田は、74世帯322人でした。47年を経た平成19年には、52世帯105人で、高齢化率は61%となっています。


「オオナカゾ」から撮った「カンジャウネ」です。

天空の里」作詞作曲 豊田 光


 帰郷10年が過ぎ、新たな思いでスタートしようと思っていましたが、
多忙な日々のなかに流されています。6月に4人目の孫が誕生。孫達の
生きる社会を思って頑張ることも老いに負けない生き方でしょうか?